OSリングの特長

「OSリング」・・・
貫通孔を設けたH形鋼梁の耐力を確保するために用いる特殊な金物で
梁ウェブに対してリング外周を全周隅肉溶接することで取り付けます。

トータルコストの削減

ウェブ片面に取り付けるだけなので、施工時に梁を反転させる必要がありません。
また、従来用いられてきたプレートによる補強やパイプによる補強と比べ溶接量が非常に少ないので、溶接による熱ひずみの影響が小さくなります。

OSリング施工性イメージ

コスト削減イメージ
ページトップ

適材適所の補強

貫通孔位置に作用する応力に応じて3仕様用意しています。

作用応力 型式 適用貫通孔 適用可能な梁の種類
大梁 小梁 片持ち梁


SS タイプ φ75〜φ350 ×
S タイプ φ75〜φ600
L タイプ φ75〜φ450
ページトップ

任意のウェブ貫通孔に対応

適用ウェブ貫通孔径(dw):φ75〜φ600
(例)φ375㎜の貫通孔を設けたい場合 ウェブ貫通孔径:φ375㎜・OSリング:400S or 400L

合理的な貫通孔補強
ページトップ

塑性化領域への設置

OSリング工法は各種構造実験により耐力・変形能力等を確認し、(一財)日本建築センターの一般評定を取得しています。
貫通孔部分の耐力を明確に評価でき、梁ウェブ貫通孔部分の存在応力が耐力を上回らないことを確認することで、梁端部(梁の塑性化領域)に貫通孔を設けることができます。
(耐力曲線を用いた応力検討ソフトをご用意しております。)

塑性化領域貫通孔例
ページトップ

構造性能(実験およびFEM解析)

各種実大実験および部分実験を行い、耐力・剛性・変形性能等の構造性能を確認しています。
それらの実験や解析のデータをもとに一般財団法人日本建築センターの評定を取得しております。(BCJ評定-ST0135-09)
以下に構造実験の一例をご紹介いたします。

 

●実大実験結果

●FEM 解析結果

●M-Q耐力曲線

 

●実験状況

●実験結果-荷重変形関係

 

●実大実験結果

無孔梁、有孔無補強梁、OSリング

ページトップ

ウェブ両面補強

ウェブ両面を補強することにより、大きな補強効果を得られます。

貫通孔1個あたりの溶接量比較例

貫通孔に作用する応力が大きい場合に適用

・梁せいに対して貫通孔径が大きい場合
・梁端部に貫通孔を設ける場合
・梁のスパンが短い場合 etc

ページトップ