適用範囲

注意!本工法の採用をご検討の際は下記適用範囲の確認及び応力による設置可否検討が必要です。
詳細は「OSリング工法設計ハンドブック」に記載していますので必ずご一読願います。

SRC 構造梁貫通孔補強工法「OSハリーZ」の適用範囲は異なります。

>>「OSハリーZ」の適用範囲

 

適用範囲イメージ

注意!梁の規定

断面形状 H形断面
梁せい(D) 1,800㎜以下 梁幅(B) 600㎜※1以下
ウェブ厚(tw) 32㎜※2以下 フランジ厚(tf) 100㎜以下
梁幅/梁せい
(B/D)
梁の部材種別がFA・FBランクの場合はB/D≧1/4※3
鋼種

SS400、SM400、SN400※4
SM490、SN490、SM520、
F≦440N/㎟の大臣認定建築構造用鋼材※5

梁の部材種別 FA、FB、FC、FD※6、※7
軸力が作用する梁 適用不可

 

※1) D≧750㎜以上、B<0.9×Dの関係を満たせばB≦1,000㎜
※2) 梁がSS材、SM材またはSN400Aの場合はtw≦25㎜
※3) 部材種別がFC・FDランクの場合は塑性化部に適用不可のため制限なし
※4) SN400Aは塑性化部に適用不可
※5) 適用可能鋼材リストは、設計ハンドブック4ページの表2-1-3参照
※6) 部材種別がFC・FDランクの場合は塑性化部に適用不可
※7) ウェブ幅厚比は96√235/F以下(F:梁の許容応力度の基準強度)
※8) 梁せい方向に連続して設けた貫通孔は適用不可とする。
※9) OSリングを両面に取り付ける場合は、同じOSリングを取り付ける。
※10) 梁端部近くは応力が大きく、設置不可となる場合があるので注意する。
※11) OSリングの溶接部は、H形鋼のフィレットや他の溶接部と重ねてはならない。

注意!貫通孔の規定

貫通孔径(dw)

2/3・D以下(F>385N/㎟の場合は1/2・D以下)、かつ
D-2(tf+a+tr)以下(F:梁の許容応力度の基準強度)

貫通孔偏心量(e’) 1/2・D-(1/3・De-1/2・dw)≦ e’ ≦1/2・D+(1/3・De-1/2・dw)
ただし、F>385N/㎟の場合は
1/2・D-(1/4・De-1/2・dw)≦ e’ ≦1/2・D+(1/4・De-1/2・dw)
dw:貫通孔径、tf:フランジ厚、tr:OSリング肉厚
De=D、ただし、D>1,200㎜の場合は、De=1,200㎜
連続孔間隔(L1) 1.5dw以上(dwは大きい方)
ただし、OSリング同士のあき(L2)は70㎜以上

注意!OSリング外縁とのあきの規定

a

フランジ内面とのあき※11
a=max(30㎜,r+1.8S)

ただし、600㎜<B    の場合、a=max(70㎜,r+1.8S)
400㎜<B ≦600  の場合、a=max(40㎜,r+1.8S)
B ≦150  の場合、a=max(24㎜,r+1.8S)

S:OSリングの隅肉溶接サイズ
r:H形鋼のフィレット寸法またはビルトH形鋼の溶接サイズ

L2 柱面、継手とのあきは70㎜以上※10
L3 ガセットプレート、リブプレート、仮設金物とのあきは30㎜以上※11
OSリングを後付の場合は、原則、a寸法の考え方に準じる。
ただし、最小で30㎜とする。

 

注意!OSリング型式における適用梁

型式 種類
大梁 小梁 片持ち梁
SS タイプ ×
S タイプ
L タイプ

 

  

注意!SSタイプ適用スパン比

孔径比 適用スパン比
1/2<dw/D≦2/3 L/D≧10.0
1/4<dw/D≦1/2 L/D≧6.4
1/6<dw/D≦1/4 L/D≧2.0

dw:貫通孔径、D:梁せい、L:小梁スパン

ページトップ

OSリングの設計フロー

塑性化部分に適用出来る場合の設計フローOSリングの設計フローイメージ

塑性化部分に適用出来ない場合注意※1の設計フローOSリングの設計フローイメージ2

注意 ※1)塑性化部分に適用出来ない場合とは…梁幅厚比の種別がFC及びFDもしくは梁の鋼種がSN400Aの場合、OSリングのSSタイプを用いる場合とする。

ページトップ

検討用ソフト

OSリング検討システムはOSリングの検討を行うWindows用アプリケーションです。

OSリング検討システムイメージ
注)本ソフトの検討方法は、ある仮定した条件下で応力を想定していますので、仮定条件が実際の応力状態と異なる場合は、想定した応力を実際の応力が上回る可能性があります。この方法で検討する際は、実際の荷重および応力状態を十分ご確認の上、設計者様にてOSリングのご使用をご決定下さいますようお願いいたします。


2種類の方法で検討を行うことが出来ます。

①梁情報、貫通孔情報(径・位置)、長期荷重条件を入力して設置可否を判定する方法
②梁情報、長期荷重条件を入力して全仕様の設置可能範囲を算定する方法

設計検討フローイメージ

本ソフトで検討出来ない場合は、構造図・CADデータ、応力図等の必要事項をお預かりすることで、技術スタッフが詳細な検討を行います。弊社にお問い合わせ下さい

ページトップ